教員紹介

篠崎 敦史

学部・学科名

人文学部 現代文化学科

教員名

篠崎 敦史

1)略歴:最終学歴
:職歴
・関西学院大学大学院 文化歴史学専攻(日本古代史) 満期退学
・大阪信愛女学院高等学校・中学校 非常勤講師(社会科)
・近畿大学附属高等学校・中学校 非常勤講師(社会科)
2)学位 平成21年 修士(歴史学)
3)資格:オプション
(専門分野、教育分野に関わるもの)
高等学校教諭専修免許状(地理歴史)
高等学校教諭1種免許状(公民)
中学校教諭専修免許状(社会)
4)担当科目 「日本史」「日本史概論」「近現代日本史」「日本文化論」「日本文化特講」
5)専門分野  日本史(日本古代史)
6)研究テーマ ・10~13世紀の日本外交史
7)所属学会 大阪歴史学会、続日本紀研究会、史学会、日本史研究会、日本歴史学会、九州史学研究会、海域アジア史研究会
8)著書、論文、発表、作品等 ・「東丹国使について」(『続日本紀研究』384号、2010年)
・「刀伊の襲来からみた日本と高麗の関係」(『日本歴史』789号、2014年)
・「高麗王文宗の「医師要請事件」と日本」(『ヒストリア』248号、2015年)
・「十~十一世紀の日宋交渉と入中僧」(『ヒストリア』255号、2016年)
9)メッセージ、個人ホームページ等:
オプション(研究テーマ・活動の紹介)
現在、私たちが「日本的」と思うものの多くは、中国や朝鮮、ヨーロッパなど、外部との交流の中から生まれたものです。日本史の勉強と史料を読むことを通じて、私たちの祖先がどのように外部の勢力と交流し、また日本の外に影響を与えたのかという、相互関係について、一緒に勉強していきましょう。